神戸市での遺品整理の事例を紹介します。

こんにちわ、暑い中皆様ご苦労様です。

神戸市での遺品整理の事例を紹介します。
ご主人様が無くなってから、女性の一人暮らしだったみたいです。

綺麗に整理整頓されていて、故人様の几帳面さが伝わってきます。
今ここで数日前まで人が生活をしていたなんて、胸が苦しくなります。
でも依頼主様はもっと辛い、遺品整理士としても、依頼主様にはこの作業をする事により、
前へ進み、亡くなった方の想いを遺品整理を通して感じて頂けたら嬉しい限りでございます。

Before

 

この荷物も依頼様にとっては故人様が生きて来た証、捨てたくない。
でも持って帰る事も出来ない。歯痒い思いをされる方もいます。

想いがこもった遺品を大切に運搬し、再利用出来る物はリサイクル資源を無駄にはしません。

After

 

こちらはキッチンです。

冷蔵庫の中身、そのままで大丈夫です。

フライパンや鍋の中の油や残り物、そのままで大丈夫です。

例え悪臭が放つ物でも、そのままにして頂いて大丈夫です。

依頼主様にして頂く事は一切ありません。

Befor

After

 

こちらクローゼットです。

スーツや衣類は再利用出来るので、リサイクルします。

家の中の物、ほとんどが再利用出来ます、てことはほとんど資源です。

Befor


After

 

言い忘れてましたが、このお部屋

マンションの10階です!!

運搬に便利な台車を使いこなし、荷物を搬出します。
朝9時頃から初めて、お昼の2時頃には全て完了しました。

 

依頼主様から感謝の言葉と共に、女性スタッフがいる事で話しやかったし、男性スタッフも優しくて、

気さくな方が多いんですね。また機会がない事を祈りますが、機会があれば宜しくお願いしますね。
そう思って頂けてこそ、やりがいを感じますし、自分のサービスに胸を張れます。

依頼主様も体調にお気をつけて、お元気で。

これからもサービスの向上、依頼主様の笑顔の為に日々精進する事をお約束します。

見て頂いた方々、ありがとうございます。

次の記事も是非見てください!!

 


一覧ページに戻る