奈良県橿原市の特殊清掃業者ならラストケア

特殊清掃と聞いて、パッとしない人も居ると思いますので簡単に説明をしたいと思います。

特殊清掃とは、主に自殺、他殺、孤独死など血液や体液が付着している場所の清掃の事を特殊清掃と言います。

これらは通常のハウスクリーニングとは異なり、血液などからの感染症などの恐れもある為、専門的な知識を持った事故現場特殊清掃士が作業をします。


それではそんな事故現場特殊清掃士が実際に特殊清掃の依頼が入った時の作業方法を説明します。

STEP1 一次消毒、消臭


警察の入室許可が下りた後、汚染されている部屋の匂いが外に漏れないよう隙間を塞ぎます。その後、専用の薬剤を散布し、空間を無毒化します。その際に蛆虫等の害虫等の駆除も行います。

STEP2  汚染物の除去、清掃


汚染されている床や汚染物を薬品を使い、除去します。現段階で、体液などが床下や畳まで浸透している場合にはリフォームが必要な場合もあります。壁紙も同じで、匂いや体液などが染み付いている場合は壁紙の張り替えが必要な場合があります。

STEP3  害虫駆除

汚染されたお部屋に害虫の卵などが残っている可能性があるので、必要に応じて害虫駆除をさせて頂きます。

STEP4  消毒

ウィルスや細菌を殺すために、再度お部屋の消毒を行います。この時にはリフォームが必要ではない場合に限り部屋は元通りになっています。

STEP5  高濃度オゾン消臭


オゾン脱臭機を使用し、部屋の消臭、脱臭をします。

以上が特殊清掃の作業手順となります。

孤独死現場は悲惨で危険がたくさん潜んでいます。例えばC型肝炎、B型肝炎、HIVなど乾いた血液からも感染します。なので自分で対処は絶対にしてはいけません。事故現場特殊清掃士の資格を持っている業者に依頼する事をオススメします。

通常のクリーニングとは違い、血液や体液を清掃するには専門的な知識と技術を要します。

弊社は遺品整理特殊清掃に特化しており、通常のインターネット業者などは、特殊清掃の案件が来た場合、弊社や特殊清掃を専門的にしている会社に依頼するケースが多くあり、余計なコストがかかる場合があります。ラストケアは自社スタッフがお見積もりから作業終了まで責任を持って作業致します。

ラストケアにご依頼頂ければ、中間業者にかかる余計なコストを除く事が出来ます。


一覧ページに戻る