2018年6月21日 業者選び、注意点

皆様、こんにちわ。こんばんわ。ラストケアの植田です。

 

余震の方、続いているようですがお怪我などありませんか?

このまま何事もなくただの予言だったと

早く安心できるように願っております。

 

さて、今日は皆様に「遺品整理」「特殊清掃」等について

業者の見分け方、選び方、注意すべき点、等のご質問を

数多く頂いた為、お答えしていきます。

 

まず初めに「遺品整理」の業者には、一般社団法人遺品整理士認定協会という

業界の健全化の為2010年に、設立された団体組織があります。

組織が認定した資格が「遺品整理士」という資格です。

この資格は法令に沿った、廃棄物処理法や遺品整理に関する法律に

基づいた講義、試験を何度か受け、合格した者のみが取得できる資格です。

「特殊清掃」にも「事件現場特殊清掃士」という資格があり

この資格も「遺品整理士」同様、試験に合格しないと取得できません。

勿論、私は両方取得しております。

ですが、上記の資格がなくても法律上、作業を出来てしまうのが

今の現実です。

ではここで、有資格者と無資格者の違いを説明していきます。

私達、有資格者は上記で説明した通り様々な抗議を

受けている為、ご依頼者様からお引き取りした

遺品、廃棄物、等、最後まで責任をもち処分、供養いたします。

作業中にでてきた全ての物をご依頼者様にその場で確認していただきます。

一方で無資格者は上記の講義を受けていない、合格していない者で

ご依頼者様からお引き取りした遺品、廃棄物を不法投棄したり

作業中にでてきた金品を無断で持ち去ったりします。

不法投棄された物の中にご依頼者様、ご遺族様の住所などが

載っていた場合、そちらの住所に連絡が行きます。

ですので皆様、業者選びは慎重にお決めください。

 

私達、ラストケアはご遺族様、ご依頼者様、の心境、お気持ちを

一番に考えております。

ですのでこういった被害にあわれるご依頼者様と被害を

及ぼす恐れのある無資格業者をできる限りなくしたいと考えております。

どんな小さなお悩みでも構いません。

「遺品整理」「特殊清掃」等でお困りの方はお問い合わせください。

これからも誠心誠意お客様のお力になれます様頑張ってまいります。

※ご相談、お見積りは無料です。

 

 


一覧ページに戻る