遺品整理

2018年8月13日 田原本町より、特殊清掃のご依頼

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

世間ではお盆休み真っ只中です。

普段、電車通勤などであまり車を運転しない方も

連休となると、家族でお出かけなどで、

運転する機会が増えていると思いますが、交通事故には

お気を付けくださいね。

私達、ラストケアは、お盆休みでも

年中無休で営業しておりますので、お悩み、ご質問等

ございましたらお気軽に、お問い合わせください。

 

さて、今日は先日、田原本町より、

「特殊清掃」「ハウスクリーニング」「消臭消毒」のご依頼がありました為

お伺いいたしましたので、作業事例を掲載したいと思います。

今回は、ご依頼者様のご要望により、作業写真の掲載は

いたしませんが、分かり易くご説明したいと思います。

 

まず、お部屋の間取りは、6畳ほどの部屋が1つに

キッチン、トイレ、シャワールームがある、ちょっと広めの

ワンルームのお部屋でした。

死亡原因は孤独死で、死後5日目に発見された、とのことでした。

夏の5日目という事で床下まで、体液や血液が

浸透していると、思ったのですが、

マットレスにより、浸透は防がれていました。

部屋の中も、半年以上、機能していないかの様子で

玄関にも生ごみが放置された状態でした。

その為、臭いが物凄く、蝿等の害虫が200匹以上

生息していました。

今回は、生ごみ、不用品等は別の業者さんが引き取りにきました。

まず、害虫の駆除をした後に

マットレスを、専用のラップで巻き上げて

体液や血液が付着している物を消毒し、ジップロックをして

体液や血液が外に漏れない様に、運び出します。

室内の空間も消毒します。ここまでが「特殊清掃」の

作業になります。

 

次回は引き続き、「消臭消毒」の作業事例を掲載いたしますので

宜しければご閲覧ください。

※ご相談、お見積りは無料です。

 

 

 


2018年8月4日 桜井市より「消臭消毒」のご依頼。

皆様、こんにちは、こんばんは。

今回は、前回の「特殊清掃」に引き続き

「消臭消毒」の作業写真、内容を掲載してまいります。

宜しければご閲覧ください。

※尚、プライバシーの侵害や閲覧者様の

気分を害する恐れのある、写真は掲載いたしかねます。

 

それでは「消臭消毒」の作業写真になります。 この様に、ラストケア専用の消毒剤と消臭剤を部屋の中全てに

噴霧器を使って散布します。

これにより、辺りの菌をなくしてしまいます。

そして死臭は発見が遅れれば遅れるほど、

周りの、布類、押入れの引き戸、畳、エアコン、壁紙、等に

染み付いてしまいます。

なので、消臭剤をまんべんなく散布はしますが、完璧には

臭いが消えない場合が多いです。

その場合、どのように消臭するかというと

前回、説明させて頂いた、「オゾン発生器」を使います。

「オゾン発生器」を使い、基本的に24時間機械を回し、部屋を密室にして

オゾンを部屋中に、充満させます。そうする事により

消臭剤では消えなかった臭いを分解して落とします。

作業終了後にご依頼者様に部屋の

臭い等、確認して頂き完了になります。

 

「遺品整理」「特殊清掃」

「消臭消毒」「ハウスクリーニング」等

お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

※ご相談、お見積りは無料です。

 


2018年8月2日 桜井市より、特殊清掃のご依頼

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

8月に入り暑さのピークも過ぎた様な気がします。

そんな中、多くの問い合わせも頂いております。

今日は桜井市より「特殊清掃」のご依頼があった為

先日行ってまいりましたので、その作業写真、内容を

掲載いたしますので宜しければご閲覧ください。

※尚、プライバシーの侵害や閲覧者様の、

気分を害する恐れのある、写真は掲載いたしかねます。

今回は「特殊清掃」「消臭消毒」の作業でした。

この畳にも少しだけ体液や血液が付いていますが

実は畳の上に布団等の布類があり

そこへの吸収が多かった為、布類を撤去した後の写真になります。

体液や血液が付着した布類は布団用の真空パックで

真空して運び出します。この後に畳を撤去します。

始めに畳を専用のラップで何重にも巻き上げます。

こうすることにより、菌を閉じ込め感染などを防ぎます。

畳を撤去した後の写真です。

この下まで体液、血液は侵入しています。

畳の下の板もこの様に撤去いたします。

この板も小さくカットして真空します。

撤去後の写真になります。

これで体液や血液がついている物は

全て撤去完了です。

この様に、ラストケアでは、「特殊清掃」「遺品整理」

「消臭消毒」「ハウスクリーニング」のご相談を

お待ちしております。

次回は「消臭消毒」について

お届けいたします。

※ご相談、お見積りは無料です。

 

 

 


2018年7月27日 Q&A ご質問、解答いたします

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

最近では、処所で40度を上回る猛暑が続いていましたが

お身体の方、大丈夫ですか?汗

特に外仕事の皆様、必ず水分摂取を怠らず

小まめに休憩を取り、無理はしないで下さい!

今年の猛暑は本当に危険の様です。

 

さて、今日は数多くの、お問い合わせ、ご相談が

ございましたので、解答していきたいと思います。

 

「遺品整理」について。

Q.遺品整理をした後の遺品の流れはどうなりますか?

A.遺品整理後の遺品の流れは、故人様によって違います。

例えば、実家の父が亡くなったので遺品整理をしたい。

この様なケースの場合、通常、私達の様な、遺品整理士が

遺品のあるご自宅にお伺いします。

そして、ご依頼者様のご都合に合わせながらご依頼者様またはご遺族様の

目の前で遺品を整理します。その後にご依頼者様にご自身で

お持ち帰りになられる遺品をお引き取りしていただきます。

残りの遺品は私達がお引き取りいたします。

そのあとに住職様のお寺で遺品を供養して引き取りして頂きます。

供養をした後は約3年で焼却されます。

次に、孤独死などでお亡くなりになった故人様です。

この様なケースは不動産経営者様や大家様からが

多いです。

身寄りのない故人様の遺品は私達が責任をもち

住職様の元へお届けいたします。

そのあとの流れはどの遺品も同じです。

 

次回は「特殊清掃」についてのご質問を

解答してまいります。

 

「遺品整理」「特殊清掃」「供養」

「消臭消毒」「ハウスクリーニング」等

どんなお悩みでも構いません。

お問い合わせお待ちしております。

※ご相談、お見積りは無料です。


2018年7月14日 香芝市より、供養、消臭消毒、特殊清掃のご依頼

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

西日本、特に広島、岡山の災害で日本は、また

大きな傷を受けてしまいました。

ですが、そんな時こそ、全国一丸となり

被災された人達の為に立ち上がりましょう!

日本人が強い事を、私は知っています!

 

さて、前回お見せいたしましたのは「遺品整理」「不用品処分」。

今日は前回で予告いたしました通り、

「供養」「消臭消毒」「特殊清掃」の作業事例を掲載してまいります。

※尚、プライバシーの侵害や閲覧者様の、

気分を害する恐れのある、写真は掲載いたしかねます。

それでは、「供養」の写真になります。

この写真は私なのですが、この時一緒に、住職様にも来て頂き、

「供養」をして頂きました。

住職様のプライバシーの為、お見せできませんが

故人様も、しっかりと成仏されたとおもいます。

次に、「特殊清掃」と「消臭消毒」の作業事例になります。

「特殊清掃」の写真はお見せ出来ないのですが、

「特殊清掃」で床の血液、体液をふき取った後に、

特殊な消毒液を散布している様子です。

同じ要領で、消臭液も散布します。

比較的に、臭いは出ていない方でしたが、これでも

消臭出来ない場合は、「オゾン発生器」とゆう機械で、

オゾンを部屋の中に充満させます。

オゾンとは、よく耳にすることがあると思いますが

地球を覆っているオゾン層と実は同じで

それを機械で発生させます。

オゾンは、臭いの元となる物質を酸化させて

別の物質に変えることで臭いの元を断ちます。

 

この様に、ラストケアでは

「特殊清掃」「消臭消毒」「遺品整理」「不用品処分」

「合同供養」「ハウスクリーニング」に特化し

その他にも、様々なご相談を、年中無休でお待ちしております。

お問い合わせお待ちしております。

※ご相談、お見積りは無料です。


2018年7月9日 香芝市より、遺品整理、供養のご依頼

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

西日本での豪雨災害で、物凄い被害があったようです。

やっと雨が上がり、洪水被害も収まってきたようですが

またしても、今回、大勢の被害者、行方不明者が

出てしまっている様です。。

現時点で死者96人、不明者82人。本当に胸が痛みます。

尚、ラストケアでは、大阪北部地震、西日本豪雨災害による復興支援も行っております。

今回被害に合われた方、ご遺族様達へ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

さて今日は香芝市より「遺品整理」「合同供養」「不用品処分」「消臭消毒」の

ご依頼ご依頼を承りましたので、作業事例として

写真を掲載いたしますので参考までにご閲覧ください。

※尚、プライバシーの侵害や閲覧者様の気分を害する

恐れのある、写真は掲載いたしかねます。

 

それでは、「遺品整理」「不用品処分」の、

作業前、作業後の写真になります。

この現場、実は自殺があった現場で、死後半年で発見されました。

家自体は空き家で長年使われていなかった為、写真の通り、

不用品、遺品、等の荷物が溢れかえっていました。

「遺品整理」「不用品処分」の後、本来このケースは

「リフォーム」や「ハウスクリーニング」等の作業をするのですが

今回は家を解体予定でしたので、このままです。

この様に家の中の物全て運び出し、処分いたしました。

引き続き、次回の記事では、

「消臭消毒」「供養」「特殊清掃」の

作業事例を掲載いたしますのでよろしければ

ご閲覧ください。

 

※ご相談、お見積りは無料です。


2018年7月4日 永代供養について

皆様、こんにちは、こんばんは。ラストケアの植田です。

7月に入り、いきなりの台風ですね。汗

今回の台風は雨の降水量が凄いみたいです。地盤が緩んでいる様なので

山林近辺の方は注意してくださいね。

 

さて今日は、「永代供養」についてご説明させていただきます。

「永代供養」とは、天涯孤独でご親族様の居ない故人様や

孤独死や自殺等でお亡くなりになり、それにより

発見が遅れ、ご遺体の鑑定、判別が不可能になった故人様、

(お墓参りをしてくれる方が居られない)

または、ご親族様が遠方等、その他の理由の為お墓参りに

行けない方達に代わって

寺院や霊園の住職様に、遺影の管理や供養などを

お願いする埋葬方法の1つです。

主に、上記の内容に一致する方のご依頼がほとんどです。

また、「永代供養」と言っても、永遠に。と言う訳ではありません。

実は、遺骨の安置期間にも期限があります。

この期間は各寺院、霊園によって違いますが、

主に、33回忌が一般的な安置期間になっています。

または、住職様とご相談で決めることになります。

ここで、気になる点が出てきます。

期間が過ぎてしまった遺影や遺骨はどうなるか?

という点です。

実はこれといった決まりはなく、多くの場合他の遺骨と共に

永代供養墓で供養が行われます。

ラストケアでは、「特殊清掃」を行う前や

「遺品整理」で出てきや遺影や遺骨の供養、住職様紹介、

等、最後までご依頼者様の心情をお察しして

ご依頼者様1人1人にあった方法を提案してまいります。

「合同供養」「永代供養」「特殊清掃」

「遺品整理」「ハウスクリーニング」その他

どんなお悩みもラストケアが解決いたします。

お困りの方はお問い合わせください。

 

※ご相談、お見積りは無料です。


2018年6月30日 終活、生前整理について

皆様、こんにちわ。こんばんわ。ラストケアの植田です。

 

今日で2018年の半分が終わろうとしています。

つい最近、年を越したばかりなのに

歳を重ねるごとに時間の流れが速く感じますよね。汗

歳を重ねるといえば、近年よくご高齢者の方が口にする

「終活」や「生前整理」という言葉はご存知でしょうか?

聞いたことはあるが意味がいまいちわからない。。

今日はそんな方の為に分かり易く説明したいと思います。

 

「終活」とは、人生の終わりを迎える為の活動の事で

遺言書を書いたり、お墓を決めたり、

その人によって様々な形があります。

その中の1つとして、「生前整理」というのがあります。

「生前整理」は、「遺品整理」とは違い

残りの人生をより良く、悔いなく生きるために

身の回りの、日常品、衣服や、その人にとって大切な

思い出の品々を綺麗に、なおかつ大事にわかりやすく

整理整頓する事を言います。

それにより、身も心も綺麗に整理できると私は考えています。

そして、ある意味これまで共に過ごしてきた、家族にでき

最期の気遣いと考える方もおられます。

「生前整理」や「遺品整理」の他にも

この様なお悩み、ご相談をよくお聞きいたします。

・老後の人生をより気持ちよく過ごしたい

・福祉施設に入居予定なので荷物仕分け、不要品処分のお願い

・ゴミ屋敷の整理整頓、不要品処分のお願い

・自分が遺していく家族が心配、家族の負担を減らしておきたい

・身体的に重いものなどの移動が困難

等、ラストケアでは様々な視野でご依頼者様1人1人が

安心、納得して頂けます様活動しております。

「生前整理」「遺品整理」「特殊清掃」

「ハウスクリーニング」

その他、どんなお悩みでもご相談下さい。

スタッフ一同、親身になって素早く丁寧に対応させて頂きます。

※ご相談、お見積りは無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年6月25日 特殊清掃

皆様、こんにちは。こんばんは。ラストケアの植田です。

もうすっかり夏の始まりですね。

今日の奈良県は、最高気温34℃を上回っていたそうです。

暑い日々が続きますが水分摂取、怠らずお過ごしくださいね。

 

さて、今日は皆様に「特殊清掃」について

ご説明しようと思います。

まず始めに、「特殊清掃」と「事件現場清掃」は

同じ業務内容で、同じ意味を指します。

主に、事件、事故、自殺、等の変死現場や、

孤独死、等によって発見が遅れ、遺体の腐敗が進み、

それによって、汚染された室内菌の除去や、血液除去、

体液除去、死臭、腐敗臭等の消臭、空気感染症予防の消毒、

ウジやハエ等の不衛生害虫の駆除、などが業務内容になります。

流れで例えてみますと、

「特殊清掃」➡「遺品整理」➡「ハウスクリーニング」

といった流れです。

また、死後の発見が遅れれば遅れるほど、上記の内容も

酷くなります。

ラストケアでは、少しでもこのような形で

お亡くなりになる故人様を減らせますように

「安否生存確認」といったサービスも実地いたしております。

ご身内の方が1人で住んでいるが忙しく、連絡もあまりとれていない。

お年寄りの両親が気になるが、子育て、仕事で距離もあり中々会えない。

等、様々な視野でお悩みの方の為に実地いたしました。

「遺品整理」「特殊清掃」「ハウスクリーニング」等で

お悩みの方は是非1度ご相談下さい。

 

※ご相談、お見積りは無料です。