特殊清掃

「特殊清掃」とは、孤独死や自殺、事件・事故のあったお部屋を清掃することをいいます。

特に孤独死の場合は、時間が経過してから発見に至るケースも多く、においがこもっていたり、不衛生な環境になっていたりと、通常の清掃では対処しきれないことがほとんど。

また事件や事故の場合は、血液などを清掃するにあたって、専門的なコツが求められます。
ご遺族様自らで対応するには、精神的にも技術的にも難しいケースが多いことでしょう。

当社では、汚染物の除去や感染症の予防、消臭など、お部屋の状態に合わせて最適な清掃を実施。
ご遺族様やお部屋の管理者様に代わって、お困りごとを解決します。

>>特殊清掃について詳しく知る

◎このような作業を行います!


・消毒・消臭
特殊清掃の現場では独特のにおいがこもっているケースが多いため、お部屋の消臭は欠かせません。
併せて空気中に細菌やウイルスが漂っている可能性もあるため、消毒作業も行います。

・害虫駆除
害虫は、ご遺体の放つにおいに反応して集まり、急速に繁殖します。
腐敗が進み、害虫が発生している現場では、感染源が拡大するのを防ぐため、迅速に害虫駆除を行います。

・汚染物の撤去
体液や血液で汚れた布団やマット、カーペットなどを搬出し、処分します。
備え付けのトイレやお風呂などが汚れていた場合は、一度便器などを取り外し、隅々まで丁寧に清掃します。
フローリングは、ブラシやぞうきんを使用して極限まで汚染物を拭き取り、除去。
どうしても清掃だけで、汚染物を除去しきれない場合は、壁紙やフローリングの張り替えといったリフォームをご提案させていただきます。

 

◎事件現場特殊清掃士とは?


事件現場特殊清掃士とは、“一般社団法人 事件現場特殊清掃センター”が運営する資格です。
特殊清掃では血液や体液、それに伴う異臭などを取り除く必要があるため、専門的な知識を習得していなければ務まりません。
特に発見が遅れてしまった孤立死の現場などは、感染症の危険も。
知識不足で不用意に清掃を行えば、作業者自身だけでなく、第三者に感染症を広めてしまう恐れもあるのです。

事件現場特殊清掃士は、あらゆる現場に適正な知識をもって対処できる、特殊清掃の専門家。
故人様を供養する気持ちを持って、隅々までお部屋を清掃します。

 

◎料金


※料金はご依頼ごとに見積もりをご依頼ください。

24時間年中無休でご依頼を承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【電話】0744-41-9052
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)
【対応エリア】 奈良県橿原市を中心とした関西全域

一覧ページに戻る